information アーカイブ終了しました

ベー・チェチョル テノールリサイタル 8/6

「アジア史上、最高のテノール」と称され、ヨーロッパで活躍中の2005年、甲状腺ガンで完全に声を失った…。しかし、いま医学の常識を超え、奇跡的に復活を遂げた。苦難を乗り越えた魂がうたう、愛と祈りに満ちた賛美の歌。

リーフレットPDF画像クリックでPDFファイルが開きます。
●日時
2011年8月6日(土)  開場 17:30  開演 18:00
●会場
下関市生涯学習プラザ海のホール
●主催
「ベー・チェチョル声楽セミナーIN下関」実行委員会
●入場料
指定席 5,500円・自由席5,000円・学生席(30枚)2,000円
●プレイガイド
下関市民会館・生涯学習プラザ・シーモール「ラン」・ローソンチケット Lコード64218
●申込み・お問合せ先
「ベー・チェチョル 声楽セミナー IN 下関」実行委員会  TEL・FAX 083-231-7898
●ベー・チェチョル公式HP
http://www.bae-jaechul.com
●ピアノ
松崎 充代松崎 充代(まつざき みちよ)
武蔵野音楽大学ピアノ科卒業。故石黒 祥義、加藤 隆之、MM.シュタイン各氏に師事。主に声楽の伴奏者として活動。1994年から2005年まで福光IOX-AROSA声楽セミナー講師ピアニスト、1996年京都国際オペラ声楽コンクール公式ピアニスト、1998年長野オリンピック記念オペラ「信濃の国・善光寺物語」ではコレペティトゥアーを務める等、国内外を問わず数多くの演奏家のと共演、幅広く活動している。特に1995年から数回にわたってチェコ共和国・ロシア等を訪れ日本歌曲のコンサートに出演、またプラハコンセルヴァトワールで日本歌曲を指導、交流を持つ。2008年より韓国のテノール歌手、べー・チェチョルのリサイタルでのピアニストとしても好評を博している。